富士登山2017

先日、7/22(土)~23(日)にかけて
富士山を登ってきました。


2014年から登り始めて
何だかんだで毎年登ってますね。


昨年、こんな本を出しました。



きんモザ本ですが
富士山を登るためのアドバイスも盛り込んだ内容になっています。
今年の夏コミにも持っていきます(宣伝)



ということで、2017年。


昨年までは「吉田ルート」という
最も一般的で登山者数の多いルートしか登ってなかったんですが




今年は「御殿場ルート」に挑戦してきました。

最も難易度が高いと言われているこのルート。

T、S、Y、Z の4人で挑戦。
(自分はZ(ざまお)です。)







御殿場ルートの特徴としては

●4つある登山ルートの中で、唯一マイカー規制がかからない
 (他の3つは夏期はマイカーで5合目まで行けません)

●年間の登山者数が4ルート中いちばん少ない
 (吉田ルートの100分の1程と言われています)

●5合目から頂上までの距離が一番長い
 (5合目の標高は、吉田ルートの5合目より1000mほど低い)

●山小屋が少ない
 (しかも半数は閉館してしまっている)

●ずーっと同じような道を登っていくので
 変化がなくて飽きる

●砂のやわらかい道を登っていくので、膝には優しいが
 足元が柔らかすぎて登るごとに少し戻される
 (逆に下りはぐんぐん進む)


などがあります。

あまりポジティブな特徴がないですね。
でも富士登山もみんな経験者だし、挑戦してみようということで。


ざっくりですがレポします。



■5合目~大石茶屋


5合目の鳥居から登りはじめて
15~20分くらい歩いたところで、最初の山小屋。






ここで腹ごしらえをします。



カツ丼。1000円!安い!!!(笑)

山の値段ですからね…

ここから、トイレが有料になります。
この山小屋は100円でした。


■大石茶屋~7合目


この山小屋を出発すると、地獄の始まりです。



登っても登っても砂の道。


途中、霧がかかったり雨が降ったり晴れたり
そういう変化はありましたが、
基本的に景色が変わりません。



そして、7合目まで山小屋が全くありません。





振り返ると壮大な景色が広がっています。


こんな非日常な景色に癒されつつ登ります。





相変わらず景色は壮大です。




この調子で7時間ほど登りました。

大石茶屋から7合目まで7時間。
その間、山小屋が1つもない。

これが意味するのは、
トイレも無ければベンチもない
休憩できる施設が全く無いということです。

もちろん、登山は行動食をこまめに食べるのが基本なので
10~15分に1度休憩しつつ
お菓子や水分を摂取します。


ところで、道中はやたら軽装な人が多かった気がします。
外国人の方々は半袖短パンという身軽さ。

なので、みんなスイスイ登っていくんですよね。
かなりガチ装備だった我々は重みのせいかなかなか進まず(笑)


それでも、吉田ルートに比べたら人はとても少なかったですね。

6合目を超えたあたりからは、
ほとんど誰とも会わなかったです。










お昼ちょうどくらいに大石茶屋を出発し、
最初の山小屋(日の出館)にたどり着いたのは18:45でした。

しかし、この山小屋は閉鎖されているので何の役にも立ちません。
写真の上の方に小さく見えている山小屋が、
この日宿泊予定の宿。

見えているのに、
距離にして300メートルほどなのに、
歩いて30分ほもかかります。
絶望しかない!




■宿泊の山小屋・砂走館



そんなこんなで、着きました『砂走館』。

想像以上にしんどい道のりでした。

吉田ルートだったら、もう頂上かな
というくらいの時間を歩きましたね。
完全に修行でした。

ここで晩ごはんを頂きます。




山小屋のスタッフの方々みんな親切で
一番チェックインが遅かったであろうグループなのに、本当に良くして頂いて。

標高3090メートルという場所で、
道のりも上記のような感じだったので
もう極限状態でしたから、ご飯や人の親切さが
身にしみて涙が溢れました。


ご飯を頂いた後は、就寝。
21時に消灯とのことです。(自分はその前に寝てしまってました)




■山頂へ


2:00 起床

2:15 出発


という予定でいたんですが、思いっきり寝坊しました。

他の3人は先に出発しててくれました。

後でまたこの砂走館に戻ってきて朝食を頂く予定なので
別行動になるのは全く大丈夫なのですが
それでも焦りましたね。
慌てて出発。



山頂まで2時間とのことでしたが、
もっとかかったように思います。

寝坊したこともあり、山頂でのご来光は見られませんでした。




だんだん明るくなっていきます。




夜が明けます。



というか、手前の岩場に遮られて
太陽が昇る様子が全然見えない!!
気付いたら完全に朝でした。


雲が厚かったからご来光は見れなかった。

そういうことにしておこう。




本当は良くないけど、
寝坊を取り返すためにわりと急ぎ足で登ったので
前を行く仲間には追い付きました。


砂走館から頂上までの道のりも
こんどは岩場ですが
変化の無い道をずっと歩くので
精神的に来ますね。

でも、山頂の鳥居が見えたときには
安心感と達成感で、やはり涙が出ました。




ということで、登頂成功!!


ご来光は見られなかったものの、富士山の山頂まで行けて良かったです。


昨年はひどい寒さと風で山小屋も営業しておらず
地獄のような光景でしたが
今年はそこそこ暖かいし風も穏やか。

富士山の山頂を堪能できました。




あたたかいコーンスープ(600円)を頂き




山頂の郵便局でポストカードを買って
ファンレター(誰宛かは想像にお任せします)を書いて
その場で投函。





剣ヶ峰にも久しぶりに逝くことができ、
正真正銘、日本で一番高い場所
標高3776メートルの場所に立ってきました。




本当に行けて良かった!!!










…さて。







山頂の写真には3人しかいませんね。

Tがいません。
シャッターを押している…というわけではなく。



ということで、それはまた次回書こうと思います。

下りもなかなか大変だったのです。

種田梨沙さん復活希望の件

きんモザでは小路綾を演じる種田梨沙さん。

昨年、病気による休業が発表されたときは

「復帰して来なかったとしても、
種田さんが元気になってくれればそれでいい」

と思ってました。

松来未祐さんの件が記憶に新しいから。




でも、きんモザ関連のイベントでは
ローダンセのみんなが、種田さんの近況を話してくれるので
命に別状はなさそうなのがわかり、

ごちうさ、ゆゆ式など新しい仕事もこなしているようで
声優としては復帰してきているのがわかります。



こうなってくると、人間欲が出てくるもので。

またライブで種田さんを見たい。
生で歌ってる声が聴きたい。

そんな風に思ってしまいます。



ということで、もしも復活するなら
どんな場で、どんなタイミングかなー


以下、そんな妄想です。




■アニサマで復活


8月末に開催される
Animelo Summer Live 2017
ここにサプライズ登場して復帰宣言

これはあり得ると思ってます。


きんモザファンとしては、
一番望ましいのは
Rhodanthe*としてサプライズ登場、
できれば『Starring!!』を歌ってくれると
もうこの上なく嬉しいですね。

もしくは、アイマス・MILLION STARSとコラボして
『Jumping!!』とかでも盛り上がるでしょうね~



続いて、もしもゆゆ式で登場したら。
情報処理部でアニサマのステージとか凄すぎですね。
ゆゆ式も大好きなので、このパターンでもめちゃくちゃ嬉しいです。
『せーのっ!』を希望!


ごちうさのPetit Rabbitsでの登場もアリですね。
さいたまスーパーアリーナ全体が心ぴょんぴょんするのが目に見えます。
3日目はチノ役の水瀬いのりさん、シャロ役の内田真礼さんもいるし!


アイマスでの登場。
MILLION STARSは2日目に参加してますし
こちらに種田さんも登場!!という流れでもアリだと思います。
ミリマスファンも、種田さんの復活は心待にしているようですからね。
自分、ミリマスは駆け出しのにわかですが、
田中琴葉の曲は大好きです。
特に『朝焼けのクレッシェンド』

ミリマスには、諏訪彩花さんや村川梨衣さんも出演していて
きんモザとの接点も(僕の中では)あるので
ミリマスの沼にもはまりそうで怖い(笑)





■突然復活
きんモザにはよくあることですが、
何かのタイミングで突然復活を発表とか。

おしゃモザ(ラジオ)内でもいいし、
ローダンセのブログでもいいし。

きんモザ絡みで復活してくれるなら、どんな形でも嬉しいです。



■ごちうさ劇場版の舞台挨拶で復活

これもまたあり得る話かな、と。

きんモザ、ゆゆ式、ごちうさ…
きらら大好き人間としては、どうあっても幸せですね。



■結婚(&出産?)発表で復活

個人的に押したいのはこちらだったりします。

そうだったらめでたいですよね。
病気療養のための休業ということでしたが
本当は産休であってほしいな、という思いがあります。
その方がポジティブだから。

でも、本当に深刻な病気と闘っているんだとしたら
外野がこんな妄想を繰り広げるのも申し訳ないことですが…






もうすぐ休業から1年。



何かの動きはあるのでしょうか。




もちろん、Rhodanthe*として復活してくれるのが
一番の望みですが

やはり、どんな形であっても
種田さんが元気であることを確認できるのが
何より最高です。


いつまでも、待ってます。

みのりんの熱愛報道について

先日、こんな記事を書いたんですが
そんな矢先、文春砲liveというメディアで
みのりん(茅原実里さん)の一般男性との交際が報道されたようです。



一言いいんですか?




みのりん、おめでとう!!






とはいえ、「結婚」ということではないから
おめでとうと言うのは早いかな?

それでも、ファンはみんな祝福ムードで
みのりんのブログのコメント欄も「おめでとう」の嵐。

なんて素晴らしいファン達だ…

自分もその一部であることを、誇りに思いました。




みのりんのブログでは

『こんな形でファンのみんなに自分の情報が出てしまうのは残念』

『驚かせてごめんなさい』

とありました。



謝る必要ありますかね?
ないですよね?



ファンは心から祝福してると思います。



みのりんファン同士の結婚に対して
『ひとりにひとつの永遠』を式で歌い
祝福してきたみのりん。


Innocent ageというアルバムやツアーで
ファンの恋の悩みに真剣に向き合っていたみのりん。


それ以外でも、みのりんの歌に元気や勇気をもらってる人はたくさんいます。



今までたくさんの幸せをみんなにあげてきたみのりんが、
一番幸せになって欲しいとファンは思ってるはず…



これからも、みのりんの歌をたくさん聴きたいです。
前にも書いた通り、結婚したり子供ができたりしたら
歌や表現にも説得力が増すのではないだろうか、と。
楽しみです。






それにしても、みのりん本人も言っている通り
こういう形で交際が表沙汰になるのは残念ですね。



わざわざ報道しなくても
きっと、「結婚する!」というタイミングになったら
本人からブログとかで発表するつもりだっただろうし。


マスコミという仕事の性質上仕方ないのかもしれないけど。






でも結果として、
みのりんファンの暖かさを再確認できたのは良かったです。




改めて
みのりんおめでとう。


これからもみのりんのパレードに
ついていきます!



まずは目の前の
SUMMER DREAM 5

楽しみすぎる!

CMBライブ

7/21(金)

CMB 2nd Live
~One Night's Legend~

行ってきました。




CMBとは

Chihara Minori Band

みのりんこと茅原実里さんのライブで演奏を務めている
バックバンドのことです。

Creative Music Band

という意味もあります。


CMBという名前がついたのは2011年ですが
その前から、みのりんのライブではこのバンドが生演奏をしています。

その時々によってメンバーが入れ替わったりしているのですが
この日のメンバーは

ケニー(バンマス・キーボード)
ガンちゃん(ドラムス)
ナオやん(ベース)
大先生(バイオリン)
ちゃん馬場(ギター)
大ちゃん(ギター)
陽ちゃん(ギター)

※ライブ中は本名で紹介されてました。



みのりんライブでは、衣裳チェンジのタイミングで
バンドだけでのインスト曲の演奏が恒例となっていますが
その曲やパフォーマンスが好評だったのでCMB単独でライブまでやる流れとなったのです。

その2回目。5年ぶり。
歌はいっさい無く、インスト曲のみのライブ。



前回も
「ボーカルのありがたさがわかる」と言っていましたが
今回もみんな必死な顔してました。


位置的に、ガンちゃんの目の前で見ていましたが
あんないっぱいいっぱいなガンちゃんは初めて見ますね。


KfDツアーの「Shining Mosh」から始まり
5年間で増えた曲を含めた新旧織り混ぜたプログラム。

どの曲も圧巻で、めちゃくちゃかっこいい!!!

サマドリ4の曲や、Innocent Ageの曲が聴けて嬉しかったです!
特にサマドリ4の曲は「Love Blossom」のメロディーを
陽ちゃんが弾くという最高の見せ場がありますからね!


Neo Fantasiaの曲が無かったのはちょっと残念でしたが、
まっちゃん・淳平・さかもっちゃんが参加するCMBライブが今後あれば期待できそう!


本編ラストの「SOUND MAJESTY」はものすごい貫禄ですよね。
ガンちゃんのドラムソロももちろんですが
曲全体の圧力がすごい。
SALツアーや、その追加公演の初武道館など
思い入れも強いです。


個人的に最高だったのが
「Soldiers of the Queen」

これは、Paradeツアーでの曲で
僕が初めてみのりんライブに行ったのがこのツアーだったので
本当にお気に入りです。

雨咲けのアウトロから、次の詩人の旅まで
ひとつながりになっているのをライブDVDで何百回見たかわかりません。





みのりんライブでも、バンドメンバーがMCで喋るのは恒例ですが
今回はみんな余裕のなさが出ていて、新鮮でした。

ちゃん馬場と陽ちゃんは、前回のCMBライブを関係者席から見ていたそうで
「大変そうだねー」と言ってたけど自分がやるこたになるとは!
と言ってましたね。




そして、みのりんライブでもいつも思うことですが


みんな演奏がめちゃくちゃかっこ良くて上手いのに

トークもめちゃくちゃ面白い!!


本当にみんな。



いっぱい笑わせてくるし。

いい話で泣かせてくることもあるし。





個人的に、大ちゃんが陽ちゃんを

「陽介」と呼び捨てにしてるのが
キュンときました(笑)


BL妄想がはかどりますね(笑)(笑)





そんなこんなで



歌詞もないし、曲名もわからないものが多いインストライブ。

みのりんライブによく一緒に行く仲間と語り合う時に
どの曲をどう説明したらいいのか苦労しますが(笑)


そんなところも含めて面白くて
そしてひたすらカッコいいライブでした。


最後にみのりんが登場してお花を渡すシーンもあり。



最高でしたね!
アーティストのバックバンドが
インスト曲だけのワンマンライブを開催するなんて
そうそうあることじゃないですよね。


まさに、伝説の夜だったと思います。


ケニーが「次は東京オリンピックの年あたりに…」と
ちらっと言っていたので
それが実現してほしいです。

きんいろモザイクフェスタ3

今月発売されたきららMAX。
忍の陽子に対する発言がなにげにひどいなー(笑)
と思い、きんモザフェスタ3の記憶が蘇りました。

それは、忍役の西明日香さんが
Pretty Daysで制服をちゃんと着ているのを見て爆笑していたというエピソード。

そんなことを思い出して
これを描きました。



忍のキャラを崩壊させてしまってますが
全ては西ちゃんのせいです(笑)

西ちゃんの爆笑エピソードを忍に投影してみました。


そんなこんなで、遡ること3ヶ月弱。

2017年4月30日に
『きんいろモザイクフェスタ3』は行われました。

会場は、さいたま市民会館おおみや。

忍の名字にかけて大宮での開催ということでしょう。
自分は埼玉出身なので、なんか嬉しいです。



昼の部、夜の部どちらも
同人やTwitterでお世話になっているきんモザ仲間からチケットを譲っていただき、
参加することができました。

内容はどちらも終始笑いっぱなしでした。


特筆すべきは、生アフレコのコーナーでしょうか。


Pretty Daysの名場面たちにその場で声を当てるというものですが
昼の部ではマジメにそのシーンを再現。

夜の部はアドリブ満載で、感動のシーンを次々に台無しにしていきます。

特に、西ちゃんの陽子いじりはイベント中一貫していて
とにかく制服をちゃんと着てる陽子をディスりまくってました(笑)
※もちろん、愛のあるいじりです。


生アフレコでも、
「陽子ちゃん…制服似合わないですね」
忍になんてこと言わせるんだ、と。


そんなハチャメチャなアドリブが続き
(西さんと内山さんは、どんなアドリブを入れるか打ち合わせしてたそうです。)
最後には

「原先生、天衝監督…ごめんなさい!!」

4人で土下座をしていました。


他にも、ボイスチェンジャーで喋ってる中からどれが西ちゃんか当てるという
おしゃべりモザイクのおしゃべりモザイクという
ラジオのコーナーを思い出す企画もあったり。


客席側からのサプライズも仕掛けたり…

陽子だけでなく、内山さんいじりもすごくて
ローダンセのお泊まり会でハンバーグをこねたくて仕方ない内山さんの動きを
まなみんを始め、みんなで真似してるのが面白すぎでした。


とにかく最高に楽しかったです。
自分はこの翌日からイギリスに行くわけですが
きんモザ熱が最高潮になった状態で行けて本当に良かったです。


種田さんが不在だったのが残念でしたが
4人の話しぶりだと、意外と元気そうで
それがわかっただけで本当に嬉しいです。

しかし、そうなってくると
やはりRhodanthe*に復活してほしいと思ってしまいますね…


今後のきんモザの動きにも期待したい
希望が持てるフェスタでした。